MAIL MAGAZINE メールマガジン

メールマガジン

  • 2021年08月発行

    三笠産業メールマガジン Vol.151


    三笠の京谷です。

    異例の無観客開催となった東京五輪が8日、閉幕しました。
    日本に過去最多のメダルをもたらす一方、国内の感染者数も過去最多
    を更新し続けるなど、開幕前の賛否両論同様、未だ総括が難しい大会
    でもありますが、まずは無事閉幕したことにホッとしています。

    さて、話は変わりますが本年6月、国家公務員の定年延長改正法が
    密かに成立したことをご存じですか?
    これにより国家公務員の定年は令和5年度から2年ごとに1歳ずつ
    引き上げられ、令和13年度には全職員の定年が65歳になることが
    正式に決定しました。
    https://www.cas.go.jp/jp/houan/210413/siryou1.pdf

    コロナ禍でこういったニュースの扱いは小さくなるばかりですが、
    この法案成立は我々民間企業の経営者・従業員、双方にとって
    とても影響の大きい問題です。
    国家公務員の定年延長が決まれば地方公務員がそれに準じることは必須で、
    当然民間企業にもその影響は及んできます。

    勿論現行規定のまま定年だけを延長すれば企業の人件費負担が一気に
    増加しますので、役職定年制の導入や60歳に達した人の給与の見直し
    (国家公務員の場合は60歳時の7割)、退職金規定や定年前の退職制度など
    様々なルール設定が必要になるでしょう。

    現在民間企業では60歳で定年、希望すれば65歳まで再雇用という流れが
    一般的ですが、本年4月施行の「高年齢者雇用安定法」の改正によって、
    従来の65歳までの雇用確保から70歳までの就業確保措置が企業の努力義務
    となりました。

    そうした流れの中での同法案成立ですから、これを機に定年制度全体の
    見直しを行う企業が続出することになると思います。

    年金支給を遅らせたい厚労省の思惑も見え隠れしますが、
    企業の経営者にとっても、また企業で働く従業員にとっても
    人生設計の大きな転機である定年延長は見過ごせない問題です。

    三笠は早速定年延長の検討に入りましたが、皆様のところは如何でしょうか?

    少子高齢化社会の中、早期退職で優雅なリタイア人生を謳歌するというのは
    どうやら難しそうですね。

    今月も三笠をよろしくお願いいたします。

    代表取締役社長 京谷 弘也

    製品紹介

    防音型タンピングランマー MT-55H-SGK のご紹介

    前モデル MT-55L-SGKの終了以来、お待たせしておりました。

    新しい防音型タンピングランマー MT-55H-SGK が登場しました。

    アスファルト転圧時で、音響パワーレベル100dBを実現。

    これは 騒音がMT-55H111dB)の1/3以下 ということです!

    製品カタログのMT-55H-SGK掲載ページはこちら

    https://www.mikasas.jp/products/catalogue/2021-1/html5.html#page=31


    パワーユニット製品がNETISに登録されました!

    好評発売中のパワーユニットシリーズ

    タンピングランマー MT-e55

    プレートコンパクター MVC-e60

    この度、NETISに登録されました!

                     

    <NETIS登録概要>

     モデル:MT-e55/MVC-e60

     技術名称:電動式小型締固め機

     登録番号:KT-210039-A

    vol151-1a.jpg vol151-1b.jpg
    MT-e55 MVC-e60



    皆様、これからもパワーユニットシリーズをご支援の程、よろしくお願いいたします。

    三笠のNETIS登録製品の一覧はこちら

    NETIS 電動式小型締固め機のページはこちら



    広報室 山田 記

    三笠通信

    一年経ちました!

     メールマガジンご愛読の皆様、日頃より大変お世話になっております。2020年新卒入社、千葉県船橋市出身の外崎 翼(とのさき つばさ)と申します。 中学、高校6年間水泳をやっていたことで、よく体格を褒められます。好きな芸能人はフジテレビの堤 礼実アナウンサーです。

     今年の3月に東京の本社から中部営業所に転勤となり、慣れない地ではありますが頑張っております。 赴任した際は、新生活に不安がありましたが、営業所の方々に暖かく迎えていただき、営業所の雰囲気に馴染む事ができました。 石の上にも三年という様に粘り強くそしてお客様から信頼していただける様、日々精進していきます。

     6月から三重県の担当となりました。三重県は美味し国と呼ばれており、トンテキや松阪牛、伊勢海老といったグルメや伊勢神宮、熊野古道といった歴史ある観光スポットとしても有名です。 担当している間に三重県の魅力をたくさん見つけたいと考えています。

     営業所の前で、弊社の売れ筋製品であるコンクリートカッターMCD-K12Mと一緒に撮っていただきました。お近くにお越しの際はぜひ、中部営業所にもお立ち寄りください。

     今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

    vol151-2a.jpg

    石の上にも三年!日々精進いたします!

    中部営業所 外崎 記

    編集室より

    連日暑い日が続いております。

    未だ体が寒冷地仕様なのでしょうか、暑くて湿気が多い夏が苦手です。

    特に今はマスクで体温が上がり気味なので、熱中症にならないように

    出社日に日除けの帽子を被る事を検討しています。

    ネットには様々なデザインや材質の製品があって目移りしますが、

    上手く選ばないと怪しいオジサンになる恐れがあります。

    【 編集者 蝦夷の申 】