MAIL MAGAZINE メールマガジン

メールマガジン

  • 2021年01月発行

    三笠産業メールマガジン  Vol.144

    三笠の京谷です。
    皆様本年もよろしくお願いいたします。

    昨年はコロナ禍で皆様にお会いできない寂しい日々でしたが、今も首都圏には緊急事態宣言が発出されており、今日は自宅でこのメルマガを書いています。振り返ると新型コロナウイルスが騒がれだして早一年。いまだ感染拡大は続いており、今年もしばらくは新型コロナウイルスと共存していくことになりそうですね。

    この一年間で一番変わったことといえば、やはり人と人との接触が大きく減ったことでしょう。海外出張はゼロ、国内の出張も片手で数えられるほどでした。来客もめっきり減ると同時にお客様との会食の機会も激減し、2次会に繰り出すこともなくなりました。

    そんな日々を過ごしていると自宅にいる時間が長くなり、つい愛用のiPadでポチッとやってしまうことが多くなります。昨年ポチッとやった買い物で一番のヒットはシルク(絹)のズボン下(ももひき?ステテコ?パッチ?タイツ?レギンス?)です。寒い季節はどうしてもズボンの下に1枚下着をつけたくなるのですが、薄手のヒートテック等でも、どうしても座ったり立ったりするとズボンにくっつく感じがします。そこで思いついたのが滑りの良いシルク(絹)生地のズボン下。
    ネットで検索すると値段もまちまちですが沢山見つかりました。その中で何となく良さそうなものをポチッ。

    早速履いてみると狙い通り滑りがとてもよく快適です。厳冬の寒さ対策には不十分かもしれませんが、東京で過ごす分には十分の温もりがあります。また、静電気が起きにくいという意外なメリットも感じました。

    若い人はズボンの下に何も履かないのでしょうが(多分?)、60歳を過ぎると寒さが身に染みるようになってきます。同じような悩みを持っている方は是非一度、シルク(絹)のズボン下をお試しあれ。値段は少々張りますがそれに見合ったメリットもあり、お勧めです!!

    今月も三笠をよろしくお願いいたします。

    代表取締役社長 京谷 弘也

    三笠通信

    YouTube「HikakinTV」に三笠ランマーが登場

    皆様、初めまして!三笠産業 広報室の山田です。 皆様はYouTubeの「HikakinTV」というチャンネルをご存じでしょうか?

    人気YouTuber Hikakin氏が毎回様々な事にユーモラスに挑戦する内容です。

    チャンネル登録者は880万人を超え、多くの方に視聴されています。

    年初に公開された動画では、氏が三笠電動ランマーMTX-M55を使って餅つきなどに挑戦しています。

    ランマーの使い方としては正しくありませんが、面白い内容ですので是非ご覧下さい。

    YouTube HikakinTV

    【超高速】道路工事マシーンで餅つきしたら最高にウマい餅出来る説【重機】



    撮影終了後のスナップ

    vol144-1a.jpg

    Hikakin氏と電動ランマー MTX-M55

     広報室では今後も幅広い媒体に向けて三笠製品の魅力をアピールして参ります。

    広報室 山田 記


    「建設機械施工」12月号記事のご紹介

     「建設機械施工」 2020年12月号の記事「コンクリートカッター業の誕生」では、コンクリートカッターの黎明期の様子が記載され、三笠の歴史、及び日本の土木建設機械の歴史を知る上で大変貴重な内容となっております。

     この度日本建設機械施工協会、並びに執筆者の仲山鉄工㈱ 代表取締役 仲山寛治様のご厚意により、当メルマガへの記事の転載許可をいただきました。皆様、是非ご一読下さい。

    ▼表紙をクリックすると記事をご覧いただけます

    JCMAvol12_01.jpg

    一般社団法人 日本建設機械施工協会(JCMA)

    HPリンク先: https://jcmanet.or.jp/

    広報室 山田 記


    新成人よりご挨拶

     新年あけましておめでとうございます。

     新成人の鈴木龍斗(すずき りゅうと)と申します。成人を迎えるにあたり、この場をお借りいたしましてご挨拶させていただきます。

     今年に入っても新型コロナウイルスの影響から各地で成人式の式典が中止になるなど、思うように行動が出来ない日々が続いています。例年であれば三笠産業の新年会に先立ち、成人式が開催されるのですが、残念ながら新年会も早々に中止が決定し残念に思っていたところ、新年初出社の1月5日、京谷社長から直接お祝いの言葉と、記念品をいただくことができました。誠にありがとうございました。

     こうして無事に成人を迎えることができましたのは、家族や三笠産業の諸先輩方を始め多くの人生の先輩方のおかげと心から感謝しております。これまでは、家族を始め周囲の大人たちに見守られながら育ってきましたが、これからはより社会人として自身の行動に責任を持ち、社会や会社に貢献していきたいと思います。

     2020年は私が成人を迎える年であると同時に、東京オリンピック・東京パラリンピックの年でもありました。残念ながら2020年の開催は延期になってしまいましたが、2021年、新型コロナウイルスが落ち着き、オリンピック・パラリンピックの開催が決まれば、その時は私の趣味であるバレーボールを全力で応援したいと思っております。

     これからも私をご指導ご鞭撻くださいますようお願い申し上げまして、御礼の言葉といたします。

    vol144-3a.jpg

    vol144-3b.jpg

    部品各種をしっかりと確認し入出荷を行っています。

    新成人 営業サービス部部品課 鈴木龍斗


    Merry Christmas!! 聖なる夜にLight Up!!

     2020年12月24日、館林工場では今年もイルミネーション点灯式が開催されました。

     館林工場では毎年、仕事の合間を縫って自作のイルミネーションを作り、この時期からライトアップを実施しています。クリスマス・お正月を祝うとともに、暗い道を明るく照らすことで、通学路として使っている子供たちの帰り道の安全をも祈願して飾ります。

     ランマー、ローラー、高周波バイブレーターと言った三笠産業ならではの図柄のイルミネーションから、東京オリンピックにちなんだ富士山に五輪マーク、更に今年はプレゼント箱のイルミネーションも新たに作り上げました。

     動画冒頭での点灯の掛け声は工場のムードメーカー、増田ブロックリーダー。点灯5秒前に突然指名されたにもかかわらず、ご覧の通りしっかりその役をこなす姿は流石です。

     今年も2月初旬までの期間、16:50から20:00に毎日点灯しています。工業団地内という事で密になる心配もございませんので、館林にお越しの際はぜひご覧ください。

    (動画リンク元:https://www.youtube.com/watch?v=GR9jMFwP-8A

    ▼三笠産業公式YouTubeチャンネルはこちらから 

    Mikasa_Channel.png

    館林工場 管理部門 氷上 記

    編集室より

    新年早々緊急事態宣言下におかれる事となりました、
    東京・神田猿楽町の編集部よりご挨拶を申し上げます。
    本年も三笠産業、三笠メールマガジンをよろしくお願い申し上げます。

    年末年始の帰省を諦め、東京での年越しとなりました。
    初めて知ることができた今の生活の場の年越しは、自分にとって新たな刺激になったように感じます。
    おかげさまで帰省疲れもなく、元気に初出社を迎えることが出来ました。
    今はとにかく体調管理を万全に今年を乗り切ろう、と張り切っています。

    【 編集者 かんとりーBOY 】